「申請取次行政書士」「社会保険労務士」の皆様へ

お知らせ

<2024年度(令和6年度)相談支援アドバイザー募集について>

「相談支援アドバイザーの募集に関するオンライン説明会」は終了いたしました。

 

一般社団法人グローバルミーティングは、「申請取次行政書士」と「社会保険労務士」で構成する「高度外国人材の支援」を目的とした一般社団法人です。

深刻な労働力不足が進む中、日本国内の大学及び大学院に在籍する外国人留学生の多くが、卒業後に日本国内での就職を希望しながらも就職先が決まらず母国に帰国している状況にあります。

また、外国人留学生が日本国内で就職する際、「高度専門職」や「技術・人文知識・国際業務」といった高度外国人材の在留資格の多くは、就労可能な業務に制限があり、採用から定着までの過程で充分な支援が必要になります。

これらの支援については、出入国管理及び難民認定法(以下「入管法」という。)の知識を有し、在留資格の申請手続きについて取次業務を行う「申請取次行政書士」と、労働関係諸法令(以下「労働法」という。)の知識を有し、様々な企業の人事・労務の課題に対応している「社会保険労務士」が、協同して対応するべき課題であると考え、2020年1月に「一般社団法人グローバルミーティング」を設立いたしました。

一般社団法人グローバルミーティングは、士業(社会保険労務士や行政書士)として、「外国人留学生に対する日本国内での就職及び定着に関する支援事業」及び「高度外国人材に対する日本国内での就職及び定着に関する支援事業」を行っております。

日本国内の大学及び大学院に在籍し、高い日本語能力を有する外国人留学生の方が、「高度外国人材」として労働環境の整備された全国の優良企業に就職し、幅広い分野で活躍できるよう「外国人留学生を対象としたオンライン相談」及び「大学等の教育機関を対象としたオンライン相談」を実施しております。

また、2024年4月から、当該支援事業の一環として「積極的に高度外国人材の雇用を進めている企業を対象としたオンライン相談」も日本全国に拡大させていただきます。

相談支援アドバイザー間においては、SNSを活用した「情報交換・交流」のほか、労働法や入管法に関する「連絡会・勉強会」も毎月オンラインで実施しております。